VBAの部品庫の記事一覧

このサイトについてと利用方法

ExcelVBA

・VBAの部品(プロシージャとして作成しているコード)

トップへ戻る


・コード以外のこと(ExcelVBAを扱うにあたって知っておくといいこと)

トップへ戻る


・基本コード(ExcelVBA全般に関するコード)

トップへ戻る


・変数や定数の宣言など

トップへ戻る


・配列などに関するコード

トップへ戻る


・Excelを操作するコード

トップへ戻る


・ブックを操作するコード

トップへ戻る


・シートを操作するコード

トップへ戻る


・セルに関するコード

トップへ戻る


・フィルタ・検索・テーブル関連操作に関するコード

トップへ戻る


・イベントに関する事

  • Excelイベントの作成方法
    Excelイベントの作成・使用方法についてと使用時コード。イベントの中でも特殊なものです
  • イベントとは
    イベントとは、自動的に発生するプロシージャの事です。それの作成方法と使用時の注意点について

トップへ戻る


・VBA標準関数のコード

トップへ戻る


・ユーザーフォームに関するコード

トップへ戻る


・ユーザーフォームのイベントに関する記事

  • Activateイベント
    Activateイベントは、初期表示後と他フォームからの切り替えで発生するイベントです
  • AddControlイベント
    AddControlイベントはAddメソッドによりコントロールが新規作成された時に発生します
  • GotFocus・LostFocusイベント
    埋め込みコントロールのフォーカスの取得・喪失で発生するイベントです
  • Initializeイベント
    Initializeイベントはメモリ上に読み込みが完了した時点で発生するイベントです。起動時の注意点など
  • Terminateイベント
    TerminateイベントはUserFormがメモリ上から解放されると発生するイベントです

トップへ戻る


・ファイルやフォルダの操作に関するコード

  • ファイルを削除する
    Killステートメントでファイルの削除を行うコード。VBAでの削除に関しての注意点
  • フォルダを作成する
    MkDirステートメントを使用してフォルダの作成を行うコード。エラー無視による作成コードもあります
  • フォルダを削除する
    RmDirステートメントを使用してフォルダを削除するコード。このコードの使用上の難点

トップへ戻る


・FileSystemObjectに関するコード

トップへ戻る


・Dictionaryオブジェクトのコード

トップへ戻る


・Accessデータベース操作

トップへ戻る


・少しだけ組み上がってるコード

トップへ戻る