埋め込みコントロール(ActiveX)の作成

ワークシートに直接コントロールを作成する方法の解説

ActiveXコントロールとは、ユーザーフォームで扱うコントロールの事です

ここでは、そのコントロールをフォーム上ではなくワークシート上に作成する方法の解説を行います

ワークシートにコントロールを埋め込む

ワークシートにコントロールを作成する利点は、ワークシート自体を有効利用できる点にあります

例えば、フォームをブックを開くと同時に表示するような処理であった場合、シートに作成しておけばそもそもそんな処理を作成する必要はありません
さらに、特定のシートのみで動作させたいフォーム処理であっても、シートの判定がまったく必要なくなります

さらに、リストコントロールを使用しなくてもそこにワークシートがあるのでデータの展開も楽になります
あと地味に大きいのがマウスホイールで画面を移動できる点です

ユーザーフォームを必要としないように作成を行うことも可能になります

コントロールの作成方法

埋め込みコントロールの挿入ボタンの位置
コントロールの挿入ボタン

まずは、開発タブにある挿入ボタンを選択します

ここからコントロールを選択して追加していきます

表示された挿入できるコントロール一覧
挿入できるコントロール一覧

赤枠内に表示されたアイコン一覧が挿入できるコントロールになります
ユーザーフォームでの作業同様に、一覧にないコントロールは追加可能ですがPC環境に左右されるので、基本のコントロールのみで作成していきます

フォームコントロールについては後述します

今回はコマンドボタンを作成してみます

コントロールの作成方法
作成方法

作成するコントロールを選んだら、ワークシートに挿入します

この時の操作は図形作成要領と同じなので、難しくは無いはずです
大きさや位置は後で調整できるので適当にクリックするだけでもいいです

編集モードの終了方法
編集モードの解除

コントロールの追加モードになると、自動的にデザインモードという編集モードに切り替わります

この状態では、コマンドボタンをクリックしても選択されるだけです
挿入ボタンの隣にあるデザインモードボタンをクリックすることで編集モードを切り替えることが出来ます

デザインモードを解除すれば、コントロールを操作可能な状態になります
コマンドボタンをクリックすると、動作するようになっているはずです

ただ、このままでは何も起きませんので処理を作成します

コードやプロパティの表示方法
コード作成方法

コントロールを編集する場合は、デザインモードをクリックして有効にします

その状態で、コントロールの右クリックメニューを開きます
その中にある赤枠内のコードの表示を選択してください

作成されたイベントとプロパティの表示状態
作成された状態

すると、VBEの画面に切り替わりコントロールの既定イベントが作成されます

また、その際にプロパティウィンドウに表示されているのが、作成したコントロールのプロパティです
ここを変更すれば、作成したコントロールの細かい設定変更が可能です
プロパティ設定はユーザーフォームのものとほぼ同じなので、そちらを参考にしてください

また、このイベントプロシージャはユーザーフォームではユーザーフォームモジュール内に作成していました
これはシートのコントロールのイベントになりますので、シートモジュール内に作成されることになります

それ以外はユーザーフォームでの作成方法と同じです
オブジェクトボックスから選んで、プロシージャボックスからイベントを選択する流れになります

ワークシート上にコントロールを作成した時点で、オブジェクトボックスで選択可能になりますので、上記のような右クリックメニューから実行しなくてもVBEの画面から作成することも可能です

フォームコントロールとActiveXコントロールについて

ちなみに、ActiveXコントロールの上に「フォームコントロール」というコントロールがあり挿入できる種類も同じものがあります

こちらは、簡易版と思ってもらっていいです
簡易版なので、作成してセルとの連携を簡単に設定できます
スクロールバーの数値設定なども書式設定から行えるので手軽に作成できます

ただ、簡易版ですので設定が簡単な分出来ることは少なくなっています
色の変更なども行えませんし、なによりイベントの利用が出来ません
コントロールの最大利点のイベントが利用できず、マクロ登録による単一マクロしか対応できませんのであえて使う理由がほぼありません
比較的すぐに限界を感じると思います

それに、ActiveXコントロールはユーザーフォームと同じように作成できるので、慣れやすいのも優位性があると思います

Zoomプロパティ

Zoomプロパティは、各コントロールの表示倍率の設定です。使用時の注意点も

'100%表示にする
UserForm1.Zoom = 100

「Zoom」プロパティは、フォーム内の表示倍率の設定です
初期値は100になっています
これは%表示と考えてもらっていいです

設定できる範囲が「10~400」の間に決まっています
元々の10分の1から4倍の大きさにまで、拡大縮小が出来るようになっています

Zoomが100の時の表示
初期値100の表示状態
Zoomが50の時の表示
50に設定した表示状態
Zoomが200の時の表示
200に設定した表示状態

以上の画像の様に、同じフォームの同じサイズのコントロールでも大きな違いが生まれます
なにより、見やすさを向上させるためのプロパティと思ってください

表示の乱れについて

このプロパティの難点が文字列がコントロールの表示領域からはみ出してしまうことがあることです

Zoomの数値によって文字列がはみ出している
labelの文字列がはみ出している状態

画像を確認してください、これは元は上記の画像と同じものです
赤枠内のlabelコントロールの表示文字列の最後の「n」がはみ出して消えてしまっています
これはコントロールのサイズの単位と文字列のサイズの単位が違うため、Zoomプロパティの数値を1ずつ動かしていくと必ずどこかで発生します
文字サイズが影響するため、文字の種類によっても差があります

なので、自動調整で文字列がはみ出す場合はいかんともしがたいです

このプロパティを主に使用するのは、フォームのサイズ調整に合わせて、各コントロールの表示も整える場合に使用します
フォームの自動サイズ調整については以下の記事で解説しています

解説にもありますが、いかんせん表示が乱れることがあるのが困っちゃう
困っちゃうのであんまり普段は使わんですねぇ

Tagプロパティ

Tagプロパティは追加情報を設定するプロパティです。設定するコード

'フォームの追加情報の設定
UserForm1.Tag = "追加情報"

「Tag」プロパティは追加情報を設定できます

これ自体は、設定してもなんの意味もないプロパティです
なんの意味もないということは、他に影響を与えないと言い換えれます

これはそのプロパティ値で、処理を行う為に使用します

タグという名前の通り、なんらかの判定に使用します
例えば、このプロパティに「グループA」という文字列を入力しておいて、そのグループごとに処理を実行するようなことを行えます

また、処理中の一時的なデータの保持にも使用できます
加工前の文字列をプロパティに代入しておき、加工後の文字列を出力後、Tagプロパティから加工前の文字列を取得する、というようなことも出来ます

使用方法は多岐にわたりますので、いろいろな使用方法を考えてみてください

StartUpPositionプロパティ

StartUpPositionプロパティでフォームの初期表示位置を設定できます

「StartUpPosition」プロパティは、UserFormが表示される初期位置の設定です
基本的には初期表示位置なのでデザインウィンドウで設定します

「0 – 手動」は、初期位置を設定しません。この場合LeftプロパティとTopプロパティの設定値により表示位置が調整されますそれらのプロパティを使用して任意の位置に表示するにはこの設定にしておく必要があります

「1 – オーナーフォームの中央」は、Excelのウィンドウの中央に表示されます。Excelの位置によって表示位置が変更されます。マルチディスプレイで表示する場合に便利な設定です

「2 – 画面の中央」は、そのままの意味で画面の中央に表示します

「3 – Windows の既定値」は、画面の左上にぴったりくっついた場所に表示されます。Leftプロパティなどで位置調整を行っていない「手動」と同じ場所に表示されますので、あまり使いません
また、Leftプロパティなどを設定していても左上の表示位置は変わりません

フォームの初期表示位置設定の位置図
フォームの初期表示位置図

この画像が、各設定で表示される場所です
ピンクがフォームで、設定により場所が変わります

緑色がExcelのウィンドウです、UserFormのオーナーは基本Excelなのでその中央になるので、Excelの位置によって変化します

グレーが画面全体のウィンドウです、その中央に画面の中央に設定したフォームです
初期設定では、この位置設定になっています

コードで変更する場合

Private Sub UserForm_Initialize()

'フォームの初期表示を手動で表示する
Me.StartUpPosition = 0

End Sub

上記のコードを使用すれば、表示位置を変更して表示させられます
ですが上記にもあるように、初期表示位置なのであまり動的に変更する場面が少ないと思いますのでここで解説します

このプロパティは、初期表示位置なので表示されてから設定を変更しても意味はありませんので、表示前に設定を変更する必要があります

なので、メモリ上に読み込まれて表示前に発生するInitializeイベントに記載します

またリファレンスにもあるような、メモリ上に読み込みをしてプロパティを変更してから表示させる方法もあります

ただ、このコードの注意点として手動とWindowsの既定値の設定が切り替わりません
自分の環境のExcel2010でしか試していませんが、デザイン画面で手動にして、コードでWindowsの既定値の設定にしても手動のままです
逆も同様でした、それ以外の設定には切り替わります

まあ、使用場面の少なさからあまり影響は無いと思いますが・・・

画面の表示位置について

画面の表示位置とは、案外重要な要素です

入力補助などのフォームで、フォームの起動を繰り返すような場合に毎回表示位置をタイトルバーをドラッグして移動させるのは面倒です
特にマルチディスプレイを使用している場合に、毎回メインからサブへ移動させるというような動きは非常に面倒です

なので、最終的に完成したときにはこのプロパティから表示位置を調整するようにします

なお、表示位置を保存して前回と同じ場所に表示する処理は以下の記事で解説しています

ShowModalプロパティ

ShowModalプロパティは、フォーム表示中にExcelや別のフォームの操作を可能にするかを設定します

「ShowModal」プロパティはUserFormを表示している間に、UserForm以外の操作を可能にするかを設定できます
処理中に変更することはできませんので、コードはありません

Trueに設定すると、他の操作は不可となります
Falseに設定すると、他の操作が可能となります

この設定は、UserForm単体で処理を実行する場合以外に使用します
入力補助などでもワークシート操作を可能にしたり、複数のUserFormを同時に使用する場合に使用します
Trueに設定している場合は、フォームを終了するか非表示状態にすることで他の操作を可能な状態に戻すことが出来ます

なお、Excelの操作は出来ませんがVBEの操作は可能です

上記にもあるように、この設定はデザインウィンドウで行います
処理の途中で変化させることはできません
Showメソッドを実行する際に、引数に「vbModeless」を指定することでプロパティのFalseと同じ設定にして起動することが可能です

その際の処理の動きに注意点がありますので、以下の記事で解説しています

ScrollTop・ScrollLeftプロパティ

ScrollTop・ScrollLeftプロパティはスクロール移動値の設定です、これを使えばフォーム内移動が行えます

'高さの表示位置の変更
Me.ScrollTop = 50
'横の表示位置を変更
Me.ScrollLeft = 50

「ScrollTop」プロパティはスクロールの高さ位置の設定
「ScrollLeft」プロパティはスクロールの横位置の設定

これら2つのプロパティは、スクロール位置の調整数値です
「0」というのが、スクロールしていない状態になるので、最左上の位置になります
ここからスクロールの動いた分が、これらのプロパティ設定になります

初期値で数値を指定しておけば、広大なフォームだったとしても初期表示位置を指定できます
なお、このプロパティはデザイン画面でスクロールバーを動かした時点で自動的に数値が入力されるので、この画面で調整する場合は数値の入力は必要ありません

ある程度の広さを持ったフォームを作ってしまうと、どこに何があるか分かりにくくスクロールして目的のコントロールを探すことになります
そんなときに、ボタンなどでこのプロパティで位置調整を行えば利便性が上がります

'Frame1を左上に移動
Me.ScrollTop = Frame1.Top
Me.ScrollLeft = Frame1.Left

このコードを実行すると、フォームにあるFrame1コントロールの左上を表示領域の左上に合わせます
ただ、この数値と実際のフォームサイズの差が範囲内でなければ移動しきれず中途半端な位置になります

ようは、Webページでもよくあるページ内リンクと同じような役割を持たせられます
このサイトではトップページにそのページ内リンクがあります

どうしても、広い領域のフォームが必要になった場合は、こういったプロパティを活用してユーザーが迷子にならないようにフォームを作成しましょう

ScrollHeight・ScrollWidthプロパティ

ScrollHeight・ScrollWidthプロパティはフォームのサイズを超える領域の高さと横幅の設定です

'フォームの表示領域の高さを増やす
Me.ScrollHeight = Me.Height + 50
'フォームの表示領域の横幅を増やす
Me.ScrollWidth = Me.Width + 50

「ScrollHeight」プロパティはフォームの表示領域の高さの設定
「ScrollWidth」プロパティはフォームの表示領域の横幅の設定

これら2つの数値をフォームのサイズより大きな数値に設定することで、スクロールにより作成したフォームのサイズ以上の表示領域を扱うことが出来るようになります

なお、この設定を行っても表示領域自体は拡張されますが、スクロールバーは表示されません
スクロールバーの表示設定も合わせて行っておきます
(表示設定の記事はこちらから)

これらのプロパティをフォームサイズを超える数値にすることで、画面に収まりきらないコントロールを配置することが出来ます

基本的にはデザイン画面のプロパティウィンドウで設定を行います
デザイン画面で設定すれば、その画面でスクロールさせて実際の動きを確認できるのでこちらで行ってください

コード中に設定するには、例コードのように数値を設定する形になります

表示外という領域を作成する注意点

この表示領域の拡大に関しては初期表示ではどこに何があるかわからない状態です
この状態ではユーザーにとっては少しわかりづらいフォームになってしまうので、このプロパティを使用する場合は、デザインを特に意識してください

画面スクロールすることで、他のコントロールがあることや目的のコントロールがどの位置にあるかを分かり易くするデザインは工夫が必要です

そして、VBAの弱点の1つでもありますが、マウスのホイールは使用できません
なので、マウス操作になれていればスクロールバーの上でホイールで移動させようとするのは無意識の操作です

これが行えないので、少し使っている人にはわずらわしく感じる可能性がありますので正直あまり多用しないほうがユーザーにはやさしいかなと思います

ScrollBarsプロパティ

ScrollBarsプロパティはスクロールバーの表示設定を行います。各表示設定のコード

'フォームに縦横のスクロールバーを表示
Me.ScrollBars = fmScrollBarsBoth
'フォームに横のスクロールバーを表示
Me.ScrollBars = fmScrollBarsHorizontal
'フォームに縦のスクロールバーを表示
Me.ScrollBars = fmScrollBarsVertical
'フォームのスクロールバーを非表示
Me.ScrollBars = fmScrollBarsNone

「ScrollBars」プロパティは、コントロールの領域を移動させるスクロールバーを表示するかの設定です

スクロールバーの表示設定の動き
スクロールバーの表示を変更

UserFormとFrame・MultiPageコントロールが指定可能です

このプロパティはあくまでも表示の設定になりますので、範囲外の有無には関係ありませんが、範囲外があってもこのプロパティで表示設定を行っておかないと、その範囲外を移動することが出来ません

このプロパティは、KeepScrollBarsVisibleプロパティも表示する設定になっておかないと表示されません
(KeepScrollBarsVisibleプロパティの記事はこちら)

範囲外がどれだけあるかによって、この設定は変更してください
面倒であれば、「fmScrollBarsBoth」(縦横表示)の設定で構いません
範囲外が無かったとすると、移動のスクロールが出来ないのでそれはそれで範囲外が無いことをユーザーに知らせることが出来ますので

TextBoxとRefEditコントロールについて

TextBox・RefEditコントロールにもこのプロパティが存在します

このプロパティを表示設定にしても、この2つのコントロールはスクロールバーが表示されません

この2つは入力内容がはみ出た時に初めて表示されるためです
なので、この2つにはKeepScrollBarsVisibleプロパティが存在しません
入力内容による自動判定になります

横のスクロールバーの場合は、文字列がコントロールの横幅を超えてはみ出すと表示されます
この際WordWrapプロパティがFalseになっていなければ表示されません
このプロパティで折り返しの表示がされると、横にはみ出すことがなくなるからです

縦のスクロールバーが改行を行うことで表示されます
なので、MultiLineプロパティをTrueに設定しておく必要があります
このプロパティでコントロール内で改行が有効になるためです

上記のことから、この2つのコントロールでのプロパティ設定は動的な判断になりやすいので3つのプロパティを駆使して、作成を行ってください

MousePointerプロパティ

MousePointerプロパティはコントロールとマウスが重なったときに表示される画像の設定です

マウスポインター(標準)
標準
'フォームのマウスアイコン変更(標準)
Me.MousePointer = fmMousePointerDefault
マウスポインター(矢印)
矢印
'フォームのマウスアイコン変更(矢印)
Me.MousePointer = fmMousePointerArrow
マウスポインター(十字)
十字
'フォームのマウスアイコン変更(十字)
Me.MousePointer = fmMousePointerCross
マウスポインター(Iビーム)
Iビーム
'フォームのマウスアイコン変更(Iビーム)
Me.MousePointer = fmMousePointerIBeam
マウスポインター(両矢印右斜め上)
両矢印右斜め上
'フォームのマウスアイコン変更(両矢印右斜め上)
Me.MousePointer = fmMousePointerSizeNESW
マウスポインター(両矢印上下)
両矢印上下
'フォームのマウスアイコン変更(両矢印上下)
Me.MousePointer = fmMousePointerSizeNS
マウスポインター(両矢印左斜め上)
両矢印左斜め上
'フォームのマウスアイコン変更(両矢印左斜め上)
Me.MousePointer = fmMousePointerSizeNWSE
マウスポインター(両矢印左右)
両矢印左右
'フォームのマウスアイコン変更(両矢印左右)
Me.MousePointer = fmMousePointerSizeWE
マウスポインター(矢印上)
矢印上
'フォームのマウスアイコン変更(矢印上)
Me.MousePointer = fmMousePointerUpArrow
マウスポインター(待機)
待機
'フォームのマウスアイコン変更(待機)
Me.MousePointer = fmMousePointerHourGlass
マウスポインター(禁止)
禁止
'フォームのマウスアイコン変更(禁止)
Me.MousePointer = fmMousePointerNoDrop
マウスポインター(矢印と待機)
矢印と待機
'フォームのマウスアイコン変更(矢印と待機)
Me.MousePointer = fmMousePointerAppStarting
マウスポインター(矢印とヘルプ)
矢印とヘルプ
'フォームのマウスアイコン変更(矢印とヘルプ)
Me.MousePointer = fmMousePointerHelp
マウスポインター(十字矢印)
十字矢印
'フォームのマウスアイコン変更(十字矢印)
Me.MousePointer = fmMousePointerSizeAll

「MousePointer」プロパティはコントロールの上にマウスカーソルが重なった際に表示されるアイコンの画像の設定です

ここで設定した画像に変化しますので、処理の内容によって表示を分岐させるとユーザーにより操作が分かり易くなる可能性があります

たとえば、操作がまだ実行できない(入力内容が不足している)状態で実行ボタンを禁止アイコンに表示してあげれば、メッセージを表示しなくても実行が不可の状態であることがわかります

ただ、わざわざそこまでしてユーザーに情報表示をするかは少し疑問かもしれませんので、使用場面はあまり無いと思います

また、例にはありませんが「fmMousePointerCustom」という設定もありますがこれはMouseIconプロパティで指定した画像を表示する設定です
こちらは画像の作成が必要なため、業務処理作成においてはさらに使用場面は無いと思います
そのため、割愛しております

このプロパティはあくまでもコントロールにマウスが重なったときの表示になるので、処理中の表示をしたいからと待機表示の「fmMousePointerHourGlass」に設定しても通常の待機中の意味にはなりません
そういった目的での使用はできません

Left・Topプロパティ

Left・Topプロパティではコントロールの表示位置を設定します。簡単な使い方も解説

'表示位置の変更(左からの距離)
Me.Left = 60
'表示位置の変更(上からの距離)
Me.Top = 40
'左からの距離を取得
Debug.Print Me.Left
'上からの距離を取得
Debug.Print Me.Top

「Left」プロパティは左からの表示位置、「Top」プロパティは上からの表示位置の設定です
これら2つのプロパティはセットで扱うことが多いのでまとめておきます

このプロパティはコントロールの表示位置を指定するものです
UserFormだけは、PC画面の端を起点にします
それ以外のコントロールは、UserFormの表示領域の端を起点にします

Leftの位置の説明
Leftプロパティの位置

Leftプロパティは、左端からの距離を数値で指定します
矢印の位置を調整するプロパティです

Topの位置の説明
Topプロパティの位置

Topプロパティは上端からの距離を数値で指定します
こちらも画像の矢印の位置を調整するものになります

2つの共通点と使用場面

2つとも、指定する数値は小数点数値も可能です
また、マイナス数値も指定可能でその場合は表示領域からはみ出る形になります

つまり、コントロールサイズを超えるマイナス値を指定すれば一時的にコントロールを隠すことが出来ます
ただ、UserFormでも各コントロールでも非表示の設定が可能なのであまり意味はありません

なお、UserFormでこれらのプロパティを使用するにはStartUpPositionプロパティを「手動」に設定する必要があります
先にこれらのプロパティを変更すると、自動的に「手動」に設定されますが変更していたら変わらないので位置を調整したいときは確認してください

基本的にはコントロールに使用することはほぼありません
動的にコントロールを作成するような場面くらいかもしれません
デザインが崩れてしまうからです

なので、使ったのはこのプロパティ値を取得して、セルにでも保存しておき
次回フォームを開くときにその数値を取得して、前回閉じるときと同じ場所に表示させるような動きに使いました

入力補助フォームであれば、人によって表示してほしい箇所が微妙に違っているかなと思って、前回と同じ場所に表示されれば、表示されるごとにいちいち移動させなくて済みます