PowerAutomateDesktopのフローのコピー方法について

Desktop無料版でのフローの共有方法について

PowerAutomateDesktopではフローの共有が有償版でないと行えません
そもそもデスクトップ環境というのは案外差があるので、あまりフローを汎用的に作成するというのは向いていないのですが、それでも汎用的なものやこのサイトで紹介するようなフローをコピペしたい場合があります

PowerAutomateDesktopは多少触ればわかると思いますが、アクションをコピーして複製することは普通に右クリックメニュー等から可能です

実はこのコピペしているのはアクションのそれではなく、内部コードをコピペしています、内部コードの結果が画面には分かりやすくフロー表示されているだけなんですね

Display.ShowMessageDialog.ShowMessage Title: $'''test''' Message: $'''テストメッセージ''' Icon: Display.Icon.None Buttons: Display.Buttons.OK DefaultButton: Display.DefaultButton.Button1 IsTopMost: False ButtonPressed=> TestValue
貼り付けしたアクション

上記のコードをコピーしてから、PowerAutomateDesktopのフロー範囲で貼り付けを行ってください
すると画像のアクションが作成されるはずです

このように実際のコピペにはコードが利用されているのが重要な点です
しかもこのコードは設定項目もしっかり反映されるので変数についても同じものがコピペすることが可能なので、自動作成ではない変数を利用していても問題ありません
UI要素などの利用しているものも同じくコピペされるので便利です

また今回は1アクションですが、まとめてコピペすることも可能です
この場合の文字数が凄まじいことになりますので本記事では割愛します

注意点としては、サブフローやそれをまたぐようにコピペは出来ない点です
サブフローを利用している場合は、コピペ先でも同名のサブフローを作成してフローごとにアクションをコピペする必要があります
とはいえ、ただのコピペなのでそれほどの作業量にはならないと思います

そして、このコードのコピペがチャット送信などで簡単に共有できますし
メモ帳に貼り付けてテキストファイルで送信してコピペしてもらうことも可能です

これは実は個人的な開発でも有用です
PowerAutomateDesktop自体結構重たいアプリなので、他のフローで作成した一部の汎用処理をコピペしたい場合にいちいち編集画面を起動しなくても
再利用したいフローをテキストファイルとして保管しておけば簡単に複製が可能です

Windows11で標準搭載となるPowerAutomateDesktopは今後さらに利用場面が増えるはずなので、無料版でのフローの共有方法は早い段階で習得しておきましょう